保健師求人│保健師の仕事で、昇給・昇進は期待できるのか?

保健師求人 → 保健師求人の現状│昇給・昇進について

保健師求人の現状│昇給・昇進について

保健師として経験を積んでいくと、将来的には昇進を考えますね。ですが保健師の昇進や昇給はあるのでしょうか。保健師の昇進は、行政保健師や企業や病院で働く保健師など、働く職場によって違いが出てきます。
保健師の転職サイトで仕事探し

行政保健師の場合、公務員となりますから企業とは違う昇給制度のようです。つまり成果主義によっての昇給ではなく、年功序列制度による昇給です。昇進しようとする場合は、昇進試験を受けて合格しなければなりません。 昇進試験の合格者はごくわずかと言えるほど難易度が高いようです。

ではその他の企業や病院などで働く保健師の昇給や昇進事情はどのようなものでしょうか。こちらは昇給などが安定はしていない代わりに、頑張れば頑張った分だけ昇進の機会を与えられます。逆に言えば成果を出さないと昇給や昇進はありません。

しかし自分の努力を認められる機会が多いと考えられれば、目標もできやすいのではないでしょうか。実際、成果が給与に反映されるというシステムは、保健師が能動的に仕事をやりくりするわけです。努力の結果が昇給や昇進ですから、目に見える点ではモチベーションにもつながります。

ただし昇給や昇進は企業の方針や目標によって違います。順調よく昇給や昇進を狙うのであれば、企業の体制や方針を良く理解するところから始めると良いでしょう。

ですが成果を出すことばかりに気を取られ、頑張りすぎて体調を崩したり、精神的に疲れたりしてしまいます。企業や病院では結果を求められますが、自分で追い詰めないよう時には昇給などを無視して、要領よく業務をこなし、自分を気遣うことも大切です。

昇給や昇進については、転職サイトなどを利用し事前に把握しておくことも必要です。その上で、自分の性格と企業などの方針を比較し、納得しながら転職先を絞り込んでいきましょう。

そのような相談は転職サイトのコンサルタントに相談することもできます。なにより働くのは自分ですから、より良い環境の中で気持ちよく働きたいものです。

保健師の人間関係と出会い

保健師の人間関係や出会いはどのくらいの期待値があるでしょうか。保健師は土日祝と休日を取れることや、残業などがほとんどないので安定した職業のひとつと言えます。そのため、家庭との両立がしやすい待遇なので、結婚や妊娠・出産をすることに対してためらいを感じることは少ないようです。

しかし出産をする場合だけは、計画を立てなければなりません。というのは、産休や育休を取ることができればよいのですが、もともと少人数制なので、抜けた後のフォローができにくいのです。

新たに保健師の募集をかけるときは、引き継ぎも含めて早めにしなければなりません。職場の業務が滞らないよう担当者などと相談をしましょう。昨今は男性ひとりだけ働くというのは実情に合わなくなってきました。ですが保健師の仕事は、前述のように家庭と両立しやすい職業です。ですから退職より復職を選ぶ人が多いようです

さて、職場での出会いはどうでしょう。保健師というのは、もともとが少人数で業務をこなしています。ですから保健師同士の出会いは期待値が低いと言えます。しかし、同じ職場で働く異性がいないということでは決してありません。

が、やはり女性が多い職業であるので、外部の協力を得たパートナー探しをすると視野も広がり良いのではないでしょうか。

一方保健師の人間関係ですが、大きな悩みを抱えやすいと言われるのが行政保健師です。例え、配置換えがあったとしても、庁舎内での勤務は変わりませんから、関係が悪くなってしまった人とも会うことがあります。

研修会や会議などでは人間関係を理由に欠席などできません。そのようなことから、保健師はたとえ人間関係が悪化したとしても我慢するか、深刻に受け取らないよう努力をするか、または関係改善に努めるかのいずれかになります。

このように保健師の仕事は閉鎖的空間に身を置くこともあるようなので、自分のコミュニケーション能力を上げ、良好な人間関係を築けるよう頑張りましょう。また出会いもあまりないようですから、仕事で得たコミュニケーション能力で、職場外を積極的に動くと良いですね。

そうすれば新しい分野の知識も経験も手に入りますし、なにより楽しめるのではないでしょうか。結婚や出会い、人間関係もそうですが現状を楽しむ能力がある人が幸せを勝ち取るのです。